正しいPMI講座

合併後、社員のモチベーション低下はどう防ぐ?維持するために意識すべきこと

2021/10/14正しいPMI講座

M&Aが行われた際、社員は不安を感じてしまうもの。合併後はさまざまな要因から、社員のモチベーションが低下してしまうおそれがあります。モチベーション低下にとどまらず、最悪は自主退職という道を選んでしまうケースも起こりかねません。

多くのM&Aは、優秀な人材確保なども目的に含まれているため、せっかく合併しても社員のモチベーションが低下してしまったり、退職者が出てしまったりすれば効果を発揮できません。

M&A後にシナジー効果を生み出すためには、社員のモチベーションを維持し、働きやすい環境づくりをしていくことは必要不可欠。そこで今回は、合併後の社員のモチベーションの変化を紹介するとともに、モチベーション低下を生む要因や、モチベーションを保つために意識しておくポイントなども解説していきます。

1.合併後の社員のモチベーションの変化

M&Aによる買収は、社員に大きな影響を与えてしまうもの。対処の仕方を誤れば、社員のモチベーション低下につながり、さまざまな問題が生じてしまう可能性もあります。

親会社(株主)が変わることに被買収側の社員は、安定を期待する気持ちもあれば、同時に知らない会社が親になることへの不安もあります。こういった不安を取り除いてあげるためには、きちんとした説明が重要になります。

そういった説明を含めた、さまざまな統合作業の過程がPMIです。異なる会社が一つになるM&Aにおいて、PMI(統合)は非常に重要な工程。この統合がうまく行けば、信頼関係が築けて一体感が生まれる、社内ルールが浸透する、社員の働きやすい環境を構築できるなど多くのメリットが生まれます。

このPMIが上手くいかないと、社員のモチベーションが著しく低下してしまうほか、最悪自主退職という道を選んでしまいかねません。「M&Aの成功はPMIが握っている」といっても過言ではないのです。

M&A後の社員のモチベーションは、社員ひとりひとりの問題だけではありません。経営陣が社員のモチベーションを下げないための工夫をし、働きやすい環境づくりを整えていくことが最も効果的です。

2.合併後社員のモチベーション低下を招く理由とは

 

ここからは、M&A、買収後に社員のモチベーション低下を招きかねない理由を解説していきます。

社員のモチベーション低下で挙げられるのは、大きく分けて以下の4つになります。

・十分な説明やサポートを受けていなかった

・待遇が悪くなる

・勤務地や働く部署が変わった

・社内ルールや風土の変更により働きにくくなった

それぞれの項目を詳しく見ていきましょう。

十分な説明やサポートを受けていなかった

合併にあたり、社員への説明やサポートをしっかりできていないと、社員のモチベーション低下につながってしまいます。「合併した後はどうなるの?」「会社からの説明が足りないから、どうしたらいいのかわからない」と、不安になってしまうのです。

確かに合併は機密事項も多く、なかなか説明が難しい部分もあるでしょう。しかし、社員のモチベーション低下に最も効果的なのは、適切なコミュニケーションを取ることです。情報を慎重に小出ししていくよりも、一気に伝えたほうがかえって良い場合もあります。

経営層は守りに入りすぎず、時に大胆なコミュニケーションを図るべきでしょう。

待遇が悪くなる

昨今さまざまな業界で人材不足が進んでいるため、M&Aの合併を経ても、子会社の社員を手放すケースは非常に稀です。

とはいえ、待遇が悪くなるケースは多々あります。親会社の意向や交渉内容、その他システムや社内ルール統合していく中で、社員の就業時間や給与などが変わってくる事態も十分考えられるからです。

待遇が悪化したことにより、モチベーション低下にとどまらず離職を選ぶ社員も出てくるでしょう。また反対に、待遇は同じもしくは待遇が向上しても自主退職を選ぶ社員もいます。

この場合もやはり、コミュニケーション不足が要因です。「なぜ合併するのか」「今後どういう会社を目指すのか」「なぜ待遇が変わったのか、今後はどうなるのか」こういった点の説明が不足していると、待遇の変更やそもそもの合併に納得してもらえないでしょう。

勤務地や働く部署が変わった

合併によって勤務地や部署が変わり、モチベーションが低下してしまう、といったケースも考えられます。自宅から通える勤務地ではないオフィスに異動となり、引っ越しを余儀なくされたり、家族がいる社員であれば単身赴任という選択をする場合もあるでしょう。

職場環境や住環境が変わると、どんな人でもストレスを抱えてしまうもの。新たなルールで新たな仕事を新たな環境で行う。さらに上司や同僚も違うとなれば、慣れるまでかなりの負荷がかかってしまいます。

社内ルールや風土の変更により働きにくくなった

異なる会社同士が合併するわけですから、社内ルールや社内システム、風土なども変わってきます。それにより、居心地の悪さを感じてしまったり、働きにくさを感じてしまったりする社員も出てくるでしょう。

特に、志が高く貢献してくれていた優秀な人材こそ、社内環境の変化に敏感です。せっかく優秀な人材を目的にM&Aを行ったとしても、彼らのモチベーションが低下していたり、自主退職を選ばれたりしてしまえば、全く意味がないですよね。

このような問題を少しでも軽減するためには、やはりコミュニケーションを通じて信頼関係を結び、「なぜ合併するのか」「合併後会社はどうなっていくのか」を説明したうえで合併に納得してもらう必要があるでしょう。

3.合併後、社員のモチベーションを保つために

・十分な説明やサポートを受けていなかった

・待遇が悪くなる

・勤務地や働く部署が変わった

・社内ルールや風土の変更により働きにくくなった

こんな理由から、社員のモチベーションは低下してしまいます。企業の抱える問題はそれぞれですから、上記の理由以外もさまざまな要因があるでしょう。

しかし、社員のモチベーションを保つために経営層が意識しなくてはいけないものは、共通しています。それは、「コミュニケーション」です。

モチベーションが低下してしまうのは、説明が不足していて不安感を与えてしまっているから。あらかじめ社員に説明し、合併について心から納得してもらえていれば、多少の変化でも大きくモチベーションを下げることなく付いてきてくれるはず。

ここが不足していると、「どうして合併したの?」「待遇が悪くなるかもしれない」「この会社は今後どうなるの?」「親会社の意向は絶対だから、働きにくくなるんだろう」といった不安を感じてしまうのです。

経営層および会社を信じられていないと、「会社のためにも、自分のためにも頑張ろう」という気持ちは生まれないですよね。

4.コミュニケーションの欠落を避けるために

Start up partners are discussing the ideas for new strategy of development.

合併後の社員のモチベーション低下を防ぐためには、コミュニケーションが最も重要です。コミュニケーションの欠落を避けるためには、「説明責任を果たす」ところからスタートするべきでしょう。

合併に至った経緯や、合併の目的、今後の方針などをきちんと伝えることで、不安を和らげて「合併への納得感」を感じてもらいやすくなります。

親会社と子会社の企業文化の差が大きい場合は、社員同士が衝突してしまうケースも考えられます。合併によって生じた人間関係の悪化により、モチベーションが大きく低下してしまう可能性も否定できません。

こういった事態を避けるためには、マネジメントインタビューなどを通して細かく情報収集しておくと良いでしょう。

また、親会社の言うことを子会社は必ず聞くものだと思っていたり、合併して大手グループに入ったから安泰だと思っていたりと、親会社と子会社でギャップがある場合も。こちらもあらかじめきちんと説明をしていれば、解消できるギャップです。

また、社員同士の交流を兼ねたイベントなどを企画するのも効果的です。

まとめ~PMI総研のコミュニケーションレターについて

数々の企業に取材してわかったのが、「売り手企業の従業員に、合併の目的と未来を共感し、納得してもらう」ことの重要性です。コミュニケーションが不足していると、納得してもらえずモチベーションが大きく低下したり、自主退職を選んでしまったりするもの。

とはいえ、コミュニケーションをどのように取ればいいのか悩んでしまう経営者の方も多いでしょう。

弊社は、PMIを成功に導いた事例や失敗事例などを解説する「PMIセミナー=PMIに成功している企業は何をやっているのか?」や、従業員の不安を解消する「コミュニケーションレター」など、経営統合をスムーズに進めるためのサービスを提供しています。

コミュニケーションレターとは?

White paper communication bubbles on the gray background. Eps 10 vector file.

【こんな方におすすめ】

M&Aは決まった。ではどう従業員に説明すればいい?

M&Aは発表まで秘密裏に進められるため、M&Aを発表すると、売り手側従業員はどうしても不安な気持ちになるものです。しかし、事業を推進するのはこの従業員たち。

彼らの不安を減らし、明るい未来を感じさせる対策がPMIの第一歩です。弊社は買い手側企業の代表者から売り手側の従業員に向け、M&Aの目的と今後への展望を伝える「心を込めた手紙」を渡すことを推奨しており、この執筆代行と印刷までを行います。

【完成までの流れ】

STEP1:従業員に伝えるべき内容のヒアリング

STEP2:M&Aの背景や目的についてインタビュー

STEP3:レター文案の提示と追加インタビュー

STEP4:レターの校正・印刷・製本

合併・M&Aの成功のカギは、PMIとコミュニケーションにあります。「社員のモチベーション低下を避けたい」「効果的なコミュニケーションを知りたい」という方は、ぜひ弊社にご相談ください。

 >>お問い合わせ

https://pmic.jp/contact/

また、M&Aを実施して失敗してしまった方へ「M&Aを成功に導く秘訣」をインタビューした記事もぜひ合わせてご覧ください。

>>【M&A失敗事例】失敗しないために気をつけることは?M&Aを成功に導くアドバイス

https://pmic.jp/2021/07/20/%e3%80%90m%ef%bc%86a%e5%a4%b1%e6%95%97%e4%ba%8b%e4%be%8b%e3%80%91%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e6%b0%97%e3%82%92%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8/